加藤ステンレス科学株式会社

ステンレス容器  ステンレス加工  攪拌装置  温度制御システム容器  ステンレス実験容器各種

表面処理

バフ研磨

綿布、麻など柔軟せいのある素材に研磨剤を付着させたバフを被加工品に押し当て高速回転で機械的に表面を平滑にし、光沢を 持たせます。当社では、汎用的には、バフ♯320の仕上げです。

特殊洗剤洗浄

特別仕様で、製品に付いた油分、バフ粉を除去する為に特殊な洗剤で洗浄して出荷の対応もします。 バフ粉を充分に除去するには、 電解研磨の方が好ましいのですが、比較して、コストは、少なくてすみます。

電解研磨

製品を電解研磨液中に入れて、陰電極ををセットし、製品を陽極として、金属イオンを溶出し、平滑にします。 この際に、バフ粉や油が 除去され、高クロームの強固な不動態皮膜が形成されます。 機械的な研磨より数段滑らかになり、異物が付着しにくくなり、洗浄性に 優れています。 また、金属イオンの溶出も非常に少なくなります。医薬品、半導体関係で使われています


内面電解研磨

サニタリーボトル

用 途:医薬品、半導体関連品の貯蔵、搬送に
材 質:SUS316L
仕上げ:内面…電解研磨
     外面…バフ研磨

テフロンコーティング

当社では、当社規格製品に、あるいは特別仕様品に、テフロンコーティング加工承ります。テフロンの特性に応じて、コーティングの種類、 膜厚を選定し、特別仕様品は、コーティング加工に、対応すべく角処理等を行ないます。
非粘着性、非濡性ほとんどのものは、固着しません。油も水もはじき、濡れる事がなく、洗浄が容易です。

 

耐薬品性
ほとんどの薬品、溶剤に侵されることがありません。
200μ以上の膜厚で、ピンホール検査付きを、お勧めします。
フッ素ガス等の浸透性の高いガスは、膨れ、剥離があります。
耐薬品の場合は、100℃以下の使用をお勧めします。
内溶液、濃度、温度によって選定します。
その他
テフロンは、電気を通しにくい特性持つ反面、静電気を帯び易い
性質をもっています。
カーボンを含ませた帯電防止コーティングも対応できます。
金属イオンの溶出防止対策のテフロンコーティングもあります。
電気特性、金属イオン対策のコーティングは、テストピースの
作製が必要です

Copyrightc 2004-2008 Kato Stainless Kagaku co,.All rights reserved.

Tel:03-3663-7371