加藤ステンレス科学株式会社

ステンレス容器  ステンレス加工  攪拌装置  温度制御システム容器  ステンレス実験容器各種

製品紹介

システムタンク

温度制御システムタンクRKJSKシリーズ

材質 SUS304

仕上げ バフ#320


RKJSK-20

RKJSKシリーズ仕様

温度制御範囲

室温+ 10℃〜 150℃
温度制御方式 恒温槽の水温をPID 制御
温度精度 ±1℃(発熱反応なし)
恒温槽電源 200V・単相  17A
ヒーター容量 3KW
熱媒 シリコンオイル 槽の容量35L
パネル
安全装置
タンク内温モニター、温度制御器、
電源SW、ヒーターSW、ポンプSW、
漏電ブレーカー、槽内過昇温防止、
水位低下、温度センサー異常を検知
攪拌機(低粘度用) 1330W×550D×(1420)mmH
  コード 仕込み容量
  RKJSK-10 10L
  RKJSK-20 20L
  RKJSK-30 30L

備考: タンク本体・配管…保温加工付

RKJSK-30 の攪拌機は、70W トルク1.8N・m 5 〜 300rpm 仕様です。

タンクの仕様は、RKJS シリーズのタンク本体に保温材巻きカバーを付けました。

その他の仕様条件は同様です。


恒温槽内の専用攪拌機が付いています。事前に槽内温度を上げておくことで、ジャケット内に熱媒を送り、昇温時間を短縮できます。

また、初期温度設定を高めに設定し、ある一定温度になると、目的の設定に変更することで温度上昇時間を短縮できます。このような時に、タンク内温度上限ブザーを使用して下さい。


オプションにより、熱媒を下げるための空冷式クーラー、熱交換器を取付けることもできます。

標準仕様のバルブは、サニタリーボールバルブが付いています。

ドレンのヘルールパイプの部分が、攪拌のデッドになります。

また、攪拌デッドレスのタンクボールバルブを取付けることもできます。

 

タンク内容液温度モニター
タンク内温度 上限ブザーキャンセルスイッチ

 

Copyrightc 2004-2008 Kato Stainless Kagaku co,.All rights reserved.

Tel:03-3663-7371